栗尾商店から南

●クリックすると拡大  なんとなく心にわだかまる一角というのがあり、栗尾商店のあるT字路などはその最たるもの。  貞光の家並みは吉野川から南へ、剣山に向かって伸びている。  その中ほどに明治橋があり、部落名も明治橋なのである。  小学校にあがったとき、この奥からランドセルを背負い、栗尾商店の角を左に(西に)曲がる。  ボクは和子ちゃんと敬子ちゃんという同級生と通っていて、なんだ…

続きを読む

南中町『一屋』の金つば

●クリックすると拡大 左から『一屋』の旧店舗、真ん中が永尾米店、右が新店舗で昔は履き物屋だった  初っぱなから寄り道すると、「きんつば」という和菓子は江戸時代に生まれた。漢字で書くと「金鍔」。刀の鍔のような形をした和菓子という意味合い。同じく「銀鍔」という和菓子もあったとのこと。「鍔に似ている」くらいだから形は楕円形ということになる。でもボクが1960年代はじめに『一屋』で生まれて初…

続きを読む

祇園さんから下る坂

●クリックすると拡大  祇園さん(八坂神社)は子供の頃(1950年代の末から1960年代の初め)遊び場のひとつ。そこから町へ下る坂である祇園小路は小学校からの帰り道でもあった。左手が織本屋の塀、正面に見えるのが阿佐商店の倉庫だと思う。手前右はその昔、本木という家で乳牛を飼って、牛乳販売をしていた。  左手に長く続く織本屋の塀は白壁に平瓦葺き。塀に沿ってやや深い溝があった。溝と言うより…

続きを読む

どんがんは元気だろうか?

●クリックすると拡大  帰郷した日は梅雨、しかも台風4号直撃ということで小川(こがわ 貞光川)は増水していた。「水が出た」といっても昔のことを考えると微々たるもの。潜水橋の脚の5分の一ほどの水かさで、もともと土砂がたまった状態のため川としては通常の状態になったといったものだった。  画像の橋が潜水橋。貞光では「長橋(ながばし)」と言う。洪水のときにはこの橋の道路面まで水が上がり、それ…

続きを読む

貞光町初のスーパーマーケット「マルサン」

●クリックすると拡大  貞光に初めてスーパーが出来たときのことを、はっきりと思い出すことが出来る。トン、トトトンと煙火が上がっていた。たしか飛行機が青空を横切りビラを撒いた。煙火で上がったものか、飛行機から落とされたものか、落下傘のようなものが落ちてきて、子供(ボクも)が追いかけていたようにも思える。確か「飯田のさんぱっちゃ」の路地を西に曲がったとき、どこかのお兄さんが落下傘を手に持っ…

続きを読む

南中町「福田屋」

●クリックすると拡大  この店のどこかに福助の絵、もしくは人形があった。その絵柄は子供に江戸時代を思わせるものだった。その当時、白黒テレビや映画で見る江戸時代というものが、どこか暗く漠然としたものであって、この福助が、その暗黒への入り口に思えた。話はそれるが当時、江戸時代というのは、そんなに遠い世界ではなかった。たしか民俗学の世界では江戸時代は昭和30年代までは「そこここに見られた」と…

続きを読む

東浦南に抜ける小道

●クリックすると拡大 右手が“じろはん”の家、左手が高来家。貞光川から南町にもどる  南町から、貞光川におりるには、南町の北の端っこ、松浦薬局南側の細い細い路地を東に抜ける。町の家作は間口も広いが奥行きはもっと長く、裏手に貸し屋や長屋がある場合が多い。松浦薬局には貸し屋はなく、それでも波打つ黒いトタンの塀は長い。南にも家作はあり、これは岡家のもの。ここにもいくつもの貸し屋があった。 …

続きを読む

うだつの商店街は生きている

●クリックすると拡大 明治橋から南中町、南町  全国的に見ても貞光町のうだつの上がる商店街は美しいと思う。確かに隣接する美馬市脇町の方が電柱の埋め込みなど整備され規模も大きいかも知れない。でも脇町と貞光の根本的な違いは、「脇町は街並みは保存されているかも知れないが、街の機能は失われてしまっている」、対するに「貞光の街並みは生きて現役の商店街である」ということ。  街歩きが大好きなボ…

続きを読む

南町のこと01

 商店街の記憶は南町から始まる。もっとも古い記憶はたぶん幼稚園以前だと思うので1960年前後の道を通り過ぎる馬。この馬が材木かなにかを引いていた。たぶん奥で切り出された材木を運んでいたのだろう。奥と唐突に書いたが、子供の頃、皆瀬、端山、一宇(村名では「いちう」だが、普通「いっちゅう」と発音する)というのがそれにあたる。例えば「奥から出てきた」というと貞光町からみて剣山方面から町(北)に出てきたと…

続きを読む

南中町『福島楽器店』

●クリックすると拡大    生まれて初めて自分でシングルレコードを買ったのがここである。  確かザ・ピーナッツの「大阪の女」(1970年)だった。なぜぜんぜん好きでもない歌手のシングルを買ったのか、どうしても思い出せない。ようするに当時はレコードというのはかなり最先端を行く代物であり、「買うだけで」ウキウキするものであった。また中学2年というとそろそろテレビのなかの女性に憧れるようにな…

続きを読む